【世界一周お宿:カハマルカ編】スーパーナイスガイが運営するおすすめホステル




こんにちは、ハルナです。

南米エクアドルから陸路で国境を越えて、19カ国目ペルー・カハマルカ(Cajamarca)へやってきました。

【エクアドル→ペルー】国境越えに7時間待ち!?クエンカからカハマルカへの陸路移動解説

1月 29, 2020

 

ここで泊まった宿「Ruta Alterna Backpacker」が、というか宿のオーナーが最高だったのでぜひ紹介させて下さい。

 

ここがオススメ①オーナーのカルロスがイイ奴すぎる

ここは家族経営の宿で、息子のカルロスが主に運営を担っています。

このカルロスが、とにかくいいやつなんです。

 

究極の犬好き

カルロスは犬好きです。どれくらいかというと、写真に写っている愛犬マティアスを含め、家で3匹犬を飼っています。そして、足に愛犬×3匹のタトゥーを彫っちゃうくらいに、犬を愛しています。

さらにカルロス、私達が滞在中に、近所で見つけたケガ犬をレスキューしました。それだけでも十分イイ奴なのに、彼は犬を動物病院へ預け、その間、フェイスブックやWhatsAppづたいに知人からの寄付で犬の治療費を集めちゃったんです。(え、顔広い。そして友達もいい人ばかり。)

古今東西、犬好きに悪い奴はいません。

 

究極の日本好き

カルロスは日本好きです。どれくらいかというと、飲みながら他のゲストに「ヒキコモリ」「コドクシ」といった日本の現代社会が抱える闇(というか問題)を説明できちゃうくらいに、日本に詳しいのです。

日本の映画も大好きです。もののけ姫を観て「この映画には、ペルーの村に通じるものがある」という深い観点。ちなみに類似点は金の採掘で村の経済がまかなわれているところのようです。なるほど。もののけ姫の観方が変わりそう。(あ、Netflixで解禁になるみたいですね、ジブリ。)

いくつか、彼のオススメの日本映画を教えてもらいました。面白そうなので旅の間に見ようと思います。

日本人より日本を語れるペルー人、カルロス。造詣の深さに脱帽です。

 

そしてキレイ好き

カルロスはキレイ好きです。

毎日トイレやシャワーを自分でしっかりと清掃しているので、常にキレイです。ちなみに部屋の清掃も「毎日入ろうか?」と聞かれます。バスタオルも毎日交換してくれました。

さらに、数日おきにお手伝いの女性が来るシステムになっていて(個人経営なのに凄いオペレーションだ…)、彼女はシャワーカーテンの端から端まで、キッチンの床の隅々まできっちり丁寧に掃除していました。きっとカルロスの指導が行き届いているのでしょう。

 

面倒見がいい

カルロスに観光地バーニョへの行き方をきいたのですが、帰ってきた私達に「どうだった?お風呂よかった?」とわざわざ訊きに宿エリアまで来てくれました。

さらにチェックアウト後。22時発の夜行バスを待つ私達が19時頃、準備をしているとカルロスがやってきて「なんでそんな早くいくの?ターミナル行ってもじっと座ってるしかできないよ?10分くらいで着くんだから、気にせずギリギリまでここにいなよ!」

と引き止められ、結果、他のゲスト達も交えて酒盛りに。

出発時には「もう行くのー!?もっといなよー!」と残念がりつつ、すかさずタクシーを拾いに真っ先に道に出るイイ奴っぷり。

長い間旅をしていると宿のスタッフと仲良くなることはあれど、こんなに真っ直ぐなイイ奴に出会ったのは久しぶりです。

私達は終始「カルロスイイ奴だねー」と言っていました。

 

脱線しましたが宿の紹介に戻ります。笑

 

ここがオススメ②立地がいい

Ruta Alterna Backpackerはカハマルカの中心よりやや北にあります。

ここの良さは、まず、野菜や果物が激安の路上メルカドからも、スーパーからも徒歩5分と、自炊派に嬉しい立地。

さらに、宿を出てすぐ左の通りからこの地の有名な温泉「バーニョス・デル・インカ」行きのバスに乗れます。

また、街の中心地までも徒歩10分。

map Cajamarca

地図上で表すと、こんな感じ。

赤:宿

黄色:路上メルカド

オレンジ:スーパーMetro

水色:観光地(広場、教会のある丘)

 

ここがオススメ③小さいけど機能的な部屋とキッチン

部屋

Ruta Alterna Backpacker -room

部屋にはテーブルあり、窓あり(トリプルの部屋)。二段ベッドの下段はダブルくらいのおおきめベッドです。写ってないけど背後に大きめの壁面棚あり、コートハンガーあり。

なぜかトリプルが一番安いというミラクル。

 

Booking.comで空室を探す。

Agodaで空室を探す。

トリバゴではどうかな?

 

キッチン

kitchen - Ruta Alterna Backpacker

コンロあり、ナベあり、フライパンあり、冷蔵庫あり、食器や、基本的な調味料、そして先人たちが残してくれた食べきれない量のパスタあり(笑)。電気ケトルも完備です。

(強いて言えば、もう1サイズ大きなフライパンがあったら嬉しかったけど、大きな鍋で事足りたので無問題。)

キッチンの隣には洗濯スペースもあり、洗った洗濯物はハンモックがあるサンルームで干すことができます。

sunroof - Ruta Alterna Backpacker

(Booking.comより引用)

(Booking.comより引用)

トイレは二か所、シャワーも二か所。部屋数(4人ドミ、ダブルルーム、トリプルルームの3部屋)で考えると十分な個数でした。

 

common area-Ruta Alterna Backpacker common area-Ruta Alterna Backpacker

ちなみに共有部はこんな感じ。↑

この二か所の間に、ソファやテレビ、デスクがある室内スペースもあります。

(↓で私達が寝てるところ。)

 

勝手に5段階評価

●立地 ★★★★★

カハマルカ自体が小さな町ではありますが、4泊して観光にも日々の買い物にも、そして夕飯の屋台エリアにも近く、便利な立地でした。

また、宿の周辺は他のエリアに比べて裕福そうな家が建ち並んでいます。家の向かいに広がる緑地公園では、色んな人が犬を散歩させたり、お弁当を広げてピクニックしたりと平和な光景が広がっていました。

 

●清潔度 ★★★★★

上で書いたとおり、キレイ好きカルロスとお手伝いさんが日々リセットしてくれるので、毎日快適にシャワーやトイレ、キッチンを使えました。

 

●設備 ★★★★★

breakfast-Ruta Alterna Backpacker

朝食付き、バスタオル&ソープ(クラフトソープでまたいい香り)付き、Wi-Fiあり。

朝食はなぜかスタート時間が知らされませんが、いつも8時くらいからカルロスが準備を始めるとじわじわとゲストが集まってきていました。

 

また、私達は夜行バスで早朝6時頃に着いたのですが、まだ前のゲストがチェックアウトしていなかったので、レセプションのベッド(日中はソファに変身)で寝かせてもらえました。

枕と布団まで用意してあり、もちろん瞬殺で爆睡。このささやかな優しさが沁みる…。

 

●価格 ★★★★★

個室(トリプルルーム)1泊 14.5ドル(約1,580円)※2020年1月現在

朝食付きで1人一泊700円台と、なかなかリーズナブルな価格です。

 

●ほっこり家族経営度 ★★★★★

Booking.comで予約した時には「バックパッカー」という宿名もあってヒッピーなホステルの印象があったのですが、泊まってどっこい、ホステルというよりAirbnbで見つかる家族経営のゲストハウスのようなほっこりプレイスでした。

とはいえ、カルロスはじめファミリーは隣接する別の家に住んでいるので、滞在中は誰にも気兼ねせずゆったりと過ごせます。

私達は時々手伝いに来るおばあちゃんや、朝食の時に挨拶程度に遊びにくる愛犬マティアスとのふれあいが大好きでした。

 

●総合評価 ★★★★★ また泊まりたいオススメ宿

半分くらいカルロスの話でしたが、宿自体も小規模で、快適で過ごしやすいゲストハウスでした。私達は結局2泊延泊しました(笑)

カハマルカはクスコやリマに比べると知名度は低い小さな町ですが、この宿を含めてとても過ごしやすいエリアです。私達はカハマルカのおかげでペルーが大好きになりました。

いかがでしたでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください