【世界一周お宿:ラパス編】お得な価格で個室に泊まれるおすすめ宿

ラパス 宿




こんにちは。

凸凹夫婦で世界一周中のハルナです。

 

クスコでマチュピチュ観光を満喫した後、バスでボリビアの事実上の首都・ラパス(La Paz)へやってきました。

クスコからラパスへバス移動!悪名高きデサグアデーロ経由は実際どうなの?【2020年2月版】

2月 24, 2020

ちょっと話がそれますが、ボリビアには首都が2つあります。ひとつはラパス、事実上の首都。そしてもうひとつは「憲法上の首都」スクレです。

どうして2つあるのかというと、元々ボリビアがスペインから独立して以来スクレが首都だったところを、19世紀に起きた政治的革命で、大統領官邸をはじめほとんどの政治機関はラパスに移り、ラパスが実質的な首都となりました。その際、最高裁判所のみがスクレに残ったそう。スクレが「憲法上の首都」という呼ばれ方をしているのはそのためです。

 

話を戻して、この記事では私達がラパスで泊まった宿を紹介します。

その名も、オスペダヘ・ミレニオ(Hospedaje Milenio)

 

ここがオススメ①便利な立地

オスペダヘ・ミレニオはラパスのバスターミナルから徒歩10分のところにあります。

地図上でいうとこの辺。

また、街の中心部にも近いことも便利。

宿から徒歩圏内に、美味しい食堂が集まるランサ市場(Mercado Lanza)や、「鳩公園」として有名なムリージョ広場(Plaza Murillo)、そしてWi-Fiサクサクの老舗カフェトリノ(Trino)もあります。

【世界一周メシ:ラパス編】ボリビア飯はまずくない!ラパスで食べた美味しいご飯紹介

2月 28, 2020

【ボリビア】ラパス街歩き編。魔女市場にハト公園。おすすめカフェも!

2月 26, 2020

 

そしてラパスといえば忘れてはいけない、泥棒市おばプロへ行くのにも、ロープウェイで1本と非常に便利な立地なんです。

【ボリビア】泥棒市とオバプロでラパスの下町感を味わう!

2月 25, 2020

 

ここがオススメ②建物内がどこも清潔&暖かい

この宿、どうやら家族経営のようなのですが、運営しているファミリー(というかお兄さん)がめちゃくちゃキレイ好きなので、トイレやシャワーなどの水周りはもちろん、部屋や共有部など常にチリひとつ落ちていないキレイさです。

ラパス 宿 hospedaje milenio

▲共有バストイレ

また、宿全体が自然採光の中庭構造になっているので、宿の中は、標高3,800mのラパスとは思えないほど常に暖かかったです。

ラパス 宿 hospedaje milenio

 

日中のテーブル席↓はむしろちょっと暑いくらい!すぐ横がキッチンで、テーブル周りにコンセントも沢山あるので、コーヒーを淹れて作業するのにも便利でした。

ラパス 宿 hospedaje milenio

 

館内には昔のラジオやタイプライターなどアンティークな調度品がいっぱい。統一感のあるテイストにこだわりを感じます。

ラパス 宿 hospedaje milenio

 

ここがオススメ③安く個室に泊まれる

この宿は全室個室で、シングルからダブル、ファミリールームまであります。

しかもシングルルームは50ボリ(810円)と、格安。

ラパスの他の宿だと大体ドミトリーで同じ値段ということを考えると、コスパ良しの宿です。

一人旅の方には特に、お手頃価格で個室に泊まれるのは一番の魅力ですよね。

ラパス 宿 hospedaje milenio

▲これはダブルの部屋。通路側に窓があります。

 

勝手に5段階評価

立地 ★★★★★

上に書いたとおり、ターミナルからも街の中心部からも近く、食事にも困らない、非常に便利な立地にあります。

また、少し歩くと大通り&ホコ天なので夜でも人通りが多く、私達は夕飯も外で済ませていました。(とはいえ、ターミナル付近や人通りの少ない細い道などは十分に注意して下さいね!!)

 

清潔度 ★★★★★

トイレ・シャワー・キッチン、どこも常にキレイに保たれています。

 

設備 ★★★★☆

Wi-Fiサクサク、ホットシャワーあり。

朝食、タオルレンタルとトイレットペーパーは有料です。

※Booking.comの口コミに「トイペは購入しないとない」とありましたが、私達が滞在中は共有トイレには常にトイペが補充されていました。ただしトイレ付個室のトイレにはトイペはないので、自腹で購入するか(路上で1ボリ・16円)、そっと共有トイレを使うのがいいかも。

キッチン ラパス 宿

キッチンはありますが、自炊利用は不可。そこだけマイナスポイントです。ただし、よほど深夜でなければ、日中はいつでもお湯を沸かしたり、マグカップやカトラリーを借りたりすることはできます。

推測ですが、キッチン自体はゲスト専用の設備っぽいつくりではあるので、かつてのゲスト達からあまりに汚く使われたキッチンの惨状に、キレイ好きのオーナー兄さんが耐えられなかったんじゃないかと(笑)。いや、憶測ですけどね。

あと、ラパスは外食が安いので、結果的にはキッチンなしでもあまり困りませんでした。

洗濯は禁止されていますが、ランドリーサービスは1㎏あたり10ボリ(160円)で利用できます。

 

価格 ★★★★★

部屋 ラパス hospedaje milenio

私達はトイレ・シャワー付ダブルルーム(ただしシャワーは使えない様子)で1泊90ボリ(1,450円)でした。

1人当たり1泊725円の換算です。シングルだと1泊810円

この立地&設備でこの価格は、ラパスの宿の中では非常にリーズナブルだと思います。

 

総合評価 ★★★★☆(外食派には100%オススメの高コスパ宿)

キッチン利用不可、洗濯禁止という点を除けば、100点満点の宿です。(その2点もまぁ分からなくもない)

ラパスはウユニへ向かう経由地だったので、今回私達は2泊しかしなかったのですが、振り返るともう少し長く滞在してもよかったなと思える居心地の良さでした。

折り目正しいお兄さんとフレンドリーなおじちゃん&おばちゃんというファミリーの感じの良さも、好感度高めです。

ラパスに滞在の際は是非、参考にされてください。

オスペダヘ・ミレニオ
booking.comで空室を探す。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください