【フィリピン留学】学校決定!!学校選びのポイント解説 【社会人向け】




 

こんにちは、Akihikoです。

僕たちの世界一周のスタート地はフィリピンです。それは2か月間の英語留学をするため。

妻は英語がペラペラなので必要ないと思うのですが、僕は正直英語が全然ダメ。海外旅行の際も日本語とジェスチャーで押し通すタイプです。(それで今までどうにかなってるからある意味すごい。)

今までは短期の旅行ばかりだったので大きな問題はありませんでしたが、今回は2年4か月の世界一周なので、妻ばかりに頼っているわけにもいきません。緊急時や妻が何か病気になった時など、僕の英語で伝えなければいけない場面もあるでしょう。

また、多少なりとも現地の人&ほかの旅行者の方とも仲良くなりたい思いがあり、2か月間の英語留学をすることを決めました。

 

世界一周旅行者の定番の留学先といえばフィリピンです。安くマンツーマンの授業が受けられる為、近年日本人に人気の留学先になっています。僕たちも例にもれずフィリピンへの英語留学に行ってきます。

この記事では、フィリピン英語留学のメリット、デメリットとともに、僕たちの学校選びのポイントを紹介します。特に社会人の方でフィリピン留学を検討している方向けのポイントです。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 英会話を身に着けたいけど、フィリピンの英語留学って実際どうなんだろう?
  • 学校いっぱいあってどこの学校を選べばいいのかわからないよ。どうやって選べばいいかな?

 

この記事の内容
  1. フィリピン留学のメリット
  2. フィリピン留学のデメリット
  3. 社会人向け:学校選びのポイント徹底解説

 

1.フィリピン英語留学のメリット

 

費用が安い

語学学校の授業料は平均すると1か月15万~25万円程度。この費用には滞在費と食費が含まれています。これは欧米への留学と比べると半分から1/3程度と非常に安いです。

なんだかんだ日本で暮らしていても、家賃、食費、光熱費とかで15万くらいかかりますよね。日本で暮らしている費用とほぼ変わらずに1日6時間のマンツーマンレッスンが受けられると考えるとお得ですよね。

 

日本から近い

フィリピンは日本から飛行機でたったの4時間30分!!

近いです。移動時間が短いことに加え、時差も1時間と短期留学にも向いています。

また、航空券代もLCCのセールを狙えば往復1万5千円程度で手に入ります。航空券代も欧米留学と比べると大きな差が出ますね。

マンツーマンレッスンが受けられる

フィリピン留学における最大のメリットはマンツーマンレッスンが受けられることです。

欧米への留学ではグループレッスンが主流です。グループレッスンでは発言時間が少なくなります。60分の授業のうち、発言時間は長くても5分程度。

対してマンツーマンレッスンでは60分の授業で20~30分は話すことができるでしょう。ここでの「話す量」が英語のスピーキング力向上には欠かせません。結局頭で理解していても実際に話さないと身につかないんですよね。日本人に英語が苦手な人が多い原因はここにあります。学校の授業ではリーディングとライティングが重要視され、スピーキングの時間が少ないです。そのため、日本人には英会話に苦手意識を持っている人が多いのです。

スピーキング力を向上させたいという人にはマンツーマンレッスンが受けられるフィリピン留学が最適です。

 

また、マンツーマンレッスンではその人のレベルや習得度に応じてレッスンを進めてくれます。が、グループレッスンではそうもいきません。自分の理解が追い付いていないまま次に進んでしまうことも。そのため、初心者こそマンツーマンレッスンで学ぶべきなのです。

 

英語が公用語

フィリピンでは英語が公用語として使われています。

そのため、アジアの中でも英語力が高いです。フィリピン人の英語は訛っているという意見もあります。確かに、ネイティブが話す英語と比較すると多少訛っているのかもしれません。でも、みなさん英語の訛りわかりますか?

英語が訛っている訛っていないを気にする前に、話せるようになることが大事じゃないですか?

おそらくフィリピン留学を考えている人の多くは英語初級~中級者の方でしょう。よっぽど自分の英語のほうが訛っているということを忘れずに。

また、ネイティブでないことがメリットになる部分もあります。非ネイティブ同士でつまづきやすいポイントわかるため、分かりやすく教えてくれます。また、正しい英語をゆっくりと話してくれるため、初心者にとってはむしろ学びやすい環境といえます。

 

2.フィリピン留学のデメリット

 

ネイティブの表現が学べない。訛りがある。

講師の大多数はフィリピン人です。そのため、どうしてもネイティブ特有のくだけた表現やスラングなどは学べません。また、訛りがある先生がいるのは事実です。これは欧米留学と比較すればデメリットといえるでしょう。

しかし、メリットのところで述べたように初級レベルの人は全く気にする必要はないと思います。ネイティブの表現を気にする前にまず話せるようになりましょう。

細かい表現や訛りを気にするのはその先です。

※どうしても訛りが気になる場合は先生を交代してもらってください。訛りのある先生はごく一部です。大半の先生はきれいな英語を話します。大半の学校では先生の交代に応じてくれます。

 

ネイティブの表現が学べない点は中級レベル以上の方(日常会話に困らない方やTOEIC800点以上など)にとってはデメリットになり得ます。そういう方には欧米留学や、今回僕たちが選んだ学校をおすすめします。

※僕たちが今回選んだ学校はこのデメリットが一切ない学校です。

 

上級者が学べる学校が少ない

フィリピン留学では大半が初級~中級者向けの学校やカリキュラムになっており、上級者が学べる学校が少ないです。もちろんビジネス英語に強い学校や、発音矯正に強い学校など、上級者の方でも学べる学校もありますが、やはり選択肢は少ないです。

自分の希望する学校が見つからない場合は欧米留学も検討しましょう。

 

治安に不安がある

日本と比較した場合、フィリピンの治安は悪いと言えます。しっかりと防犯対策はしましょう。これはフィリピンに関わらずどの留学先でも当てはまります。日本ほど治安のいい国はありません。外国にいることを忘れずに。

また、地域によっても治安に差があります。マニラはフィリピン内でも治安があまりよくありません。初めての海外という方はマニラの学校は避け、セブやクラークといった地域をおすすめします。

 

食事や寮、ホテルのクオリティが高くはない。

フィリピンの食事事情ですが、正直あんまり美味しくないです。実際に以前妻とセブ島旅行に行ったのですが、セブ島のご飯は美味しかった記憶がありません。何食べても微妙。。。

語学学校の場合は食事が3食付いているケースが多いです。学校によってクオリティは様々。日本人向けに味付けを工夫している学校もあるようです。食事の関しては過度な期待はせず、美味しかったらラッキー程度に考えておきましょう。

 

次に宿泊施設ですが、多くの学校では学校の寮を所有しているか、ゲストハウスやホテルと提携をしています。

留学費用の安い学校の宿泊施設は値段相応です。最低限の設備、清潔度はありますが、初めての海外の方や女性の方には厳しい施設も中にはあります。蟻やGなど虫もでます。中には部屋を蟻が歩き回っているようなところもあるとか。。。

学校によっては綺麗なホテルステイができる学校もありますが、値段は跳ね上がります。

できるだけ費用を抑えるのか、費用は高めでも施設がきれいなところにするのか。あなたは何を重視しますか?

 

3.社会人向け:学校選びのポイント徹底解説

 

僕たちが学校選びの際に基準としたポイントは3つ。

  1. 本気で学びに来ている生徒が多い。
  2. 上級者やビジネス向けのカリキュラムがある。
  3. 先生の質が高い。

 

本気で学びに来ている生徒が多い。

これは留学に何を求めるかによって変わってきます。本気で勉強して語学力を集中的に上げたいのか。それとも、勉強はそこそこで生徒同士の交流や出会い、週末の観光も充実させたいのか。

僕たちは本気で勉強できる環境に身を置きたかったので、そういった生徒が集まる学校を探しました。

 

上級者やビジネス向けのカリキュラムがある

妻はTOEIC900点、英会話にも困らない上級者です。対して僕は英会話は全然できない初級レベルです。そんな2人が一緒に通えてそれぞれの英語力を伸ばせる学校が必要でした。

そのため、幅広いカリキュラムがあり、初級者はもちろん、上級者やビジネス英語まで対応した学校を探しました。

 

講師の質が高い

フィリピン留学はマンツーマン授業中心の為、担当の講師の質によって成長度が変わってきます。

そのため、きびしい採用基準を設けているなど講師の質が平均して高い学校を探しました。

 

これらのポイントをもとに学校を探し、3つの学校が候補としてあがりました。

それぞれの学校の特徴

brightureの特徴
  • カリキュラムが非常にしっかりしている。
  • ビジネス用や上級者でも満足できるカリキュラム
  • スピーキング特化ではなく、読む、書く、聞く、話すの4つをバランスよく伸ばす
  • 講師の採用基準が厳しい
  • 費用が高い(4週間で2390ドル。食事は朝食のみ)
  • ホテル滞在。滞在先はきれい。
サウスピークの特徴
  • 予習、復習に力を入れ、本気で取り組んでいる生徒が多い
  • TOEIC点数UPに定評
  • 講師は全員TOEIC900点以上
  • 中級者以上向けの日本語禁止校あり
  • 費用は4週間149,800円~(料金は部屋タイプにより異なる)
  • 3食付き
フィリピンクラーク留学院の特徴
  • 講師は全員ネイティブ
  • カリキュラムは自由度高く、オーダーメイド可能
  • 講師は元社長、元教師、建築家など経験と個性豊か
  • 料金は220,000円~と高め(プランにより異なる)
  • 3食付き。しかも評判の日本食レストラン

 

  • 綺麗な滞在先、ビジネス英語を重視 ⇒ brighture
  • TOEICの点数を上げたい ⇒ サウスピーク
  • ネイティブから学びたい ⇒ フィリピンクラーク留学院

 

といったところでしょうか。3つの学校はそれぞれの特徴があるので、自分の目的に合わせて是非選んでみてください!!

 

ちなみに僕たちが選んだ学校は・・・・

 

フィリピンクラーク留学院です!!!

 

初級~上級まで幅広く対応できるカリキュラムがあること。欧米留学と比較すると格安でネイティブの方からマンツーマン授業が受けられること。そして講師の方々が個性的でなんか面白そう!!というところが決め手になりました。

ちなみに、フィリピンクラーク留学院は値引きのプロモーションをあまりやっていません。

少しでも安く申し込みたい!という方は⇒世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With から申し込むと、各値引きプロモーションがあり、少し安くなります。僕たちもSchool With から申し込んでペア割とSNSシェアで5,500円安くなりました。対応もよかったのでおすすめです。

Brightureも取り扱ってます。他にも自分に合った学校を無料相談できますので、留学検討している方は一度プロに相談をおすすめします。

 

フィリピンクラーク留学院については、実際に行ってみてのレポートや感想を留学出発後に随時ブログでお伝えします。乞うご期待。

留学検討している人の少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です