【自主隔離】引きこもり生活をエンジョイするために。




こんにちは、夫婦で世界一周(一時帰国)中のハルナです。

 

今日は、旅の記事を少しお休みして、リアルタイムの私達がどう過ごしているのかについて。

 

2020年4月現在、私達はAirbnbで古民家を一軒まるごと借りて、2週間の自主隔離生活を送っています。

休校や休業、リモートワークなど、同じように家から出ずに過ごす人たちが多いと思うので、ここで少し私達の「おうち時間」の過ごし方をご紹介します。

 

私達が引きこもり生活で心掛けている3つのこと。

①一日のルーティンを決めて実行する

自分で決めたスケジュールに沿って生活することで、平常心を保って一日を過ごすことができます。

私達の一日のスケジュールはこんな感じ。

 

住むところや働き方など『これからのこと』を二人で話し合う時間の他は、基本的に、ごはん筋トレ以外は同じ部屋にいても別々のことをしています。

この、各々が好きなことをして過ごす時間のことを、私達は旅をしている時から『ミータイム(Me Time=自分時間)』と呼んでいます。

 

旅の間は、観光から帰ってきた宿の部屋で、

「今からミータイム、2時間くらいでどう?」

「おっけ。じゃ、また~」

みたいな感じで、使っていました。

 

「そんなことわざわざ宣言しなくても」と思うかもしれませんが、あらかじめミータイムを宣言しておくことで、例えば作業に集中してノッてきた時に「ごはん食べない?」「〇〇行かない?」と相手から自分のリズムや集中を邪魔されることもなく、また、相手のタイミングを気にして過ごすこともなくなります。

私達はこの1年2ヶ月、文字通り24時間・365日、2人が同じ部屋で常に一緒に行動していましたが、この「ミータイム」のおかげで、二人でいることにストレスを感じたり、喧嘩になったりしたことは一回もありません。

長時間・同じ空間でお互いを気兼ねせずに過ごすには、はっきりと時間を決めて自分の時間を確保することが大切だと思います。

二人暮らしのひきこもりさんは、是非試してみてください。

 

②身体を動かす

家でできる筋トレや軽い運動は、人をハッピーな気持ちにさせる幸せホルモン「セロトニン」が出てストレス解消に効果的。血行改善でむくみもなくなり、お腹も空くし、睡眠の質もUPで、いいことづくめ。

私達は1日1時間、「ブートキャンプ」と呼んで、二人で家の中でできる筋トレをやっています。

ブートキャンプの内容はまた別の記事で詳細をお伝えするとして。

【自主隔離】外出自粛の今がチャンス!「おうち筋トレ」を始めよう。

4月 11, 2020

これがまた、しんどい!!

 

今まで二人とも本格的な筋トレ全くしたことがなかったんだなこれが!!w

ググりまくって綿密な筋トレ計画を立て、日々筋肉痛に苦しみながら起きてますwww

2週間の自主隔離措置が終わった後も、トータル1ヶ月は続けたい。

どこまで肉体改造できるか、楽しみです。

 

③美味しいごはんを食べる

家の中でできる一番の楽しみは、なんだかんだで「食」。

1食1食を大切に、バランスのとれた食事を、味わって食べる。 

これは自主隔離中に限らず、旅の間も、食べるのが大好きな私達がいつも一番大事にしていること。

特に今は帰国してすぐなので、何を食べても美味しいです(笑)

毎食二人で「ごはんが美味しい…(泣)」っていいながら食べてます。

今の宿は嬉しいことに、古民家ならではのザ・和食器が沢山あるので、久しぶりにがっつり和食ライフを満喫しています。(きんぴらとか味噌味とか最高)

 

以上、私達夫婦が引きこもり自主隔離生活で心掛けていること3つでした。

ちなみにこの「引きこもりの心構え」のうち、考え方①②は、地上250マイルの閉鎖空間で長い時間を過ごす宇宙飛行士が孤独とストレスに打ち勝つ戦略から学びました。⇒引きこもり生活を乗り切る、宇宙飛行士が孤独を克服する方法

そこには、上記の①②に加えて、こんなことも。↓

 

③家族や友達とメールや電話でつながる

 同僚との雑談や友達とのごはんなど、これまで当たり前にあった些細な「人とのふれあい」。これがなくなると人は無意識に孤独やストレスを感じるもの。

こういう時だからこそ、電話やメール、Zoom飲みで、他愛もない無駄話して、人とのつながりを大事にしよう。

しょーもないLINEが突然きても、スルーしないでねw

 

④目的意識を持つ

 何のために、家にいる必要があるのか。

『人との接触を避けることで、感染拡大を抑えて、医療崩壊を防ぐ。』

これが今の全人類のミッション。

1年2ヶ月ぶりの日本。

家族にも友達にも久しぶりに会いたいけど、万が一、自分たちが海外からウイルスを持ち帰っていたとしら、大切な人達の命を危険にさらしてしまう。そのための出費だと思えば2週間の古民家借り切りも高くはないよね。(いや、痛い出費ではあるけど…)

海外から帰国したばかりの私達は当然のことながら、元気に過ごしている人でも、誰もが知らずにもっているウイルスを誰かに感染させる可能性がある。

今はとにかく人と接触しないことが、人の命を救う。

 

話が逸れちゃったけど、何が言いたいかというと、

各々が『おうち時間』を充実させて、皆で乗り切りましょう!

ということ。

 

さて、筋肉痛がヤバいけど今日も筋トレ頑張りますか!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください