【ウユニ】お祭りカルナバルとアタカマ抜けツアー申し込み

ウユニ 祭り カルナバル




こんにちは、夫婦で世界一周中のハルナです。

※以前ご報告の通り、リアルタイムではコロナの影響で日本に一時帰国して、2週間の自主隔離措置として古民家Airbnbにひきこもり中。ぼちぼち旅の記録もアップしていきます!

世界一周中断とブログ再開のお知らせ

3月 29, 2020

********************

ウユニの町でシェア飯ウユニ塩湖の絶景を満喫した凸凹コンビ。

 

ウユニの町での滞在も、はや1週間・・・。

そろそろボリビアを出て、次の目的地であるチリ北部の砂漠の町・アタカマへと向かわねばなりません。

 

ウユニからアタカマの町へと抜ける方法は2つ。

 

ウユニからアタカマまで

①バスを利用

費用:130ボリ(約2,000円)

所要時間:15時間

 

②ツアーを利用

費用:500~800ボリ(7,800~12,600円)くらい

所要時間:2~3日

この路線のバスは人の乗り降りが激しく、観光客を狙った盗難が多発しているらしい…。

またそれか…物騒な…。どうせなら景色も満喫できるツアーにするか!

 

ちなみにアタカマへ抜けるツアーは、通常2泊3日がメジャーらしいのですが、内容としては初日はウユニ塩湖近辺を観光し、塩のホテルに宿泊。フラミンゴがいる湖など、見どころとなる雄大な景色は2日目以降とのこと。

私達は塩湖は十分に満喫したし、塩のホテルには興味がなかったので、初日を端折った1泊2日のツアーを探すことに。

 

ここでひとつ問題が。

 

ウユニの町では目下、年に一度のカルナバル(お祭り)の真っ最中。(※2月中旬の話)

 

そこで、アタカマ方面へのツアーは祭りの期間は催行なしとの情報。なんと祭りの最終日はウユニ塩湖への日帰りツアーも出ないらしい。

ちなみに理由は「町中が飲んだくれてて、ドライバーが捕まらないから」とのこと。

 

うん、年に一度のお祭りならしょうがない。

日本の正月みたいなもんよね。

 

ウユニのカルナバルはこんな感じ。

ウユニ 祭り カルナバル

カルナバル(スペイン語で「祭り/カーニバル」)は7日間ぶっ通しで行われ、連日、町の目抜き通りを仮装パレードが通ってワイワイ。

屋台もいつもよりちょっと多めに出ます。

 

ウユニの祭りはいわゆる水かけ祭り。

水が貴重な地域だから雨期の2月に祭りなのかな。(じゃあ水かけ祭りやるなよ…)

 

祭りの間は、誰にでも水鉄砲や泡スプレーをかけていいことになっていて、しかもタイのソンクラーンとは違い、反撃してはいけないのだとか。

ウユニ 祭り

通りすがりだろうが観光客だろうがお構いなし。

ウユニ 祭り カルナバル

パレードの参加者達もこの通り。

ウユニ 祭り

▲身をかがめながらの行進w

ウユニ 祭り カルナバル

我々もこの通り。

ウユニ 祭り カルナバル

一度誰かから泡スプレーをかけられると、「この観光客、泡OKなノリの人達か~!!」とみんなから笑顔で集中攻撃をくらうことに。

ウユニ 祭り カルナバル

「かけられたー」と騒いでる後ろになにやら不審な影・・・

ウユニ 祭り カルナバル

いやいやいや水風船持ちすぎ!!

ちなみにこの泡スプレー、かけられるとしばらくぶどうガムみたいな甘―――い香りがします。

 

最終日の25日は至るところで町の人達が酒を空け、どんちゃん騒ぎ。

ウユニ 祭り

▲メルカドでばあちゃんたちまさかのシャンパン!!

ウユニ 祭り

▲通りには祭り用グッズを売る出店が沢山!

ウユニ 祭り

▲この時期ならではの縁起物も。

ウユニ 祭り ウユニ 祭り

▲車にも正月飾りみたいなのが。

ウユニ 祭り

というわけで、夜中まで爆音レゲトンや爆竹で騒がしい町で、さらに数日沈没する私達。

シェア飯は続く。

 

そうだ、アタカマツアーの申し込みをしよう。

とはいっても、祭りが終わる26日にはウユニを出たいので、気を取り直して町中のツアー会社を巡ります。

 

が、そもそも1泊2日のツアーがない。

 

あっても、「祭り後でドライバーが酔ってて捕まらないから…」と強気の価格設定!(1人850ボリ)

 

「やっぱりないなぁ…」

 

落ち込みながら4軒目のツアー会社を出たところで、通りに突如、謎のおばちゃん登場。

 

「アンタ達、26日発のアタカマツアー探してんでしょ?しかも1泊2日の。」

((えっ、誰!))

 

「あるわよ、ツアー。ついてらっしゃい!」

((どこへ? てかオバチャン今どこから現れた!?))

 

状況がイマイチ呑み込めてないまま私達が連れていかれたのは、土産物屋の奥へ続く細い小道。

そこには、一見では絶対に見つけられないであろうツアー会社のオフィスがありました。

 

早速内容を確認すると、すでに日本人が3人申し込んでいて、2日目にボリビア→チリ国境越えまで含むとのこと。

ウユニ アタカマ ツアー

 

「1人850ボリでどう?」と電卓をはじくおばちゃん。

でも知っているのです。

すでに3人申し込んでいて、車とドライバー、宿(ドミ1部屋貸し切り)は手配済みだから、2人増えようが催行コストはあまり変わらないのです。食事代は微々たるものなのです。

 

ここは強気の値段交渉!!

 

「価格がとっても重要なの、セニョーラ。」

(おばちゃんの目を見ながら電卓で500をはじく)

 

「…いいわよ。他の3人には黙っててね。」

 

(( あ っ さ り !!))

 

という訳で、雨期のベストシーズンに1人7,800円で1泊2日3食付きのアタカマ抜けツアーに参加できるとは!

 

あとは当日を待つのみ!!

待ってろチリー!待ってろアタカマ砂漠ー!!

 

次回、「宝石の道をゆくアタカマツアー参加!」に続く。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください