【シンガポール】夜のガーデンズ・バイ・ザ・ベイが凄すぎた!!




 

こんにちは。Akiです。

 

僕たち2人は貧乏バックパッカーのため、無料という言葉が大好きです。

ゲストハウスが朝食無料なら小躍りして喜びます。

 

また、貧乏旅行なので当然マリーナベイサンズに泊まることなんて出来ず、有名なインフィニティプールにも行けず、そこからの夜景は楽しめませんでした。

マリーナベイサンズが見える度に「あそこは殿上人が暮らすところだよ」と、2人で話してました。妬んでなんかないんだからっ(´Д`)

 

↓殿上人の暮らし

 

 

 

しかし、僕たち貧乏バックパッカーにも無料入れて楽しめる植物園&ショーがあるらしい。

殿上人の方々は太っ腹じゃ。

ということで、行ってきましたガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

 

夜のガーデンズ・バイ・ザ・ベイは幻想的で美しかった。

 

ちなみにガーデンズ・バイ・ザ・ベイはこんなやつ↓

 

あの有名な木みたいなやつ!!

この近未来感。そして人工物と自然がMixされている感じがたまらなく好きでして。

元々シンガポールで一番行きたかったのがこのガーデンズ・バイ・ザ・ベイでした。

 

しかも一部の施設を除いて敷地内は無料です。(僕たちは全施設無料だと思って翌日に再訪したのですが、有料だと知り、しかも結構お高かったので何も見ずに引き返しました。注意!!)

 

夜には光と音のショーを楽しむことができます。

僕たちはショーの時間に合わせて行きました。

ショーは19:45と20:45の2回開催。毎日開催されています。

 

夜のガーデンズ・バイ・ザ・ベイはとても幻想的な世界が拡がっていました。

 

そしてショーも素晴らしかった。

 

 

 

 

写真だと良さが全く伝わらん。

 

けど本当にショー素晴らしかったです。光と音のスペクタクル。←表現が乏しい。

 

そしてショーの後も余韻に浸りながら大きな木の下でのんびり。

 

ベンチに寝っ転がって見上げると、ライトアップされた枝が。人工物であることは間違いないのに、ずっと見ていると生物のように見えてくる。自然と人工の調和。なんか不思議な気分。

日中の蒸し暑さは落ち着き、ほのかに花の香りの交じった心地よい風が吹く。

未来にタイムスリップしたような、別の星に来たような、そんな感覚すら覚える。

そんなことを考えながら2人でしばしぼーっとしていました。とても幸せな時間でした。

 

夜の植物園、良いです。

皆さまも昼だけじゃなく、ぜひ夜にも訪れてみてください。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの基本情報

営業時間

  • 庭園全体の営業時間 年中無休、午前5時~深夜2時
  • 有料施設の営業時間 午前9時~午後9時(最終チケットの販売は8時まで、入場は8時半まで)

入場料金

  • 有料施設を除く入園は無料
  • 有料施設の料金はクラウド・フォレストとフラワードームのセットで大人:28ドル、子供:15ドル

アクセス

MRT(地下鉄):ベイフロント駅B出口より地下通路より徒歩10分弱。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 怪しいサイトには飛びませんのでクリックでdeco-bocoを応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です