【ペルー】イキトスでアマゾンツアーを申し込む!(料金と注意点)




こんにちは、夫婦で世界一周中のハルナです。

 

リマから飛行機で2時間、ペルーの陸の孤島イキトスアマゾン現地ツアーに参加してきました。(2020年2月)

LCC VIVA Air イキトス

朝7時、ペルーのLCC会社、VIVA Airの国内線でイキトスの空港まで到着。

イキトス 空港

早朝で曇っているのに、降りた瞬間から蒸し暑い。

 

タクシーで予約してあるイキトス市内の宿へ向かいます。

 

イキトス空港から市内までの移動

空港から市内へのタクシーの料金は一律で決まっています。

乗用車 20ソレス(660円)

トゥクトゥク(バイクタクシー) 10ソレス(330円)

…なんですが、私達は到着ゲートを出てすぐに「5ソレスでいいよ」というドライバーから声をかけられ、結果、本当に5ソレス(170円)で宿まで送ってもらえました。これには宿の人も「安!なんで!?」とびっくりしていました。

噂通り、途中ツアー会社に寄られたんですが、それもドライバーのおじちゃんが車内から「疲れてるから午後にまた来るってー」と一声かけて、宿まで直行。

最終的にそこでツアーを申し込んだので、ドライバーさんに紹介マージンが入っていることを祈ります。

 

15分ほどで、宿へ到着。

シャワーを浴びて、2時間ほど爆睡しました。

 

市内で現地ツアーの申し込み【ツアー料金と注意点】

11時頃、いくつか目星を付けておいたツアー会社を目指し、街中へ行動開始。

 

が、この日は日曜だったためか、どこも開いていない…。

 

ひとまず、朝タクシーで寄ったツアー会社「Capinuri Amazonia Tours」へ。

 

朝と同じ初老の男性が「おっ、ひと眠りして疲れはとれたかい?」と、笑顔で出迎えてくれました。

どうやら彼、Adamがここのオーナーの様子。早速1泊2日のツアー内容を聞いてみることに。

 

1泊2日ツアーの内容

(ボートでアマゾン川の奥へ移動)

①アマゾンの部族(シピポ族)訪問

②アニマル保護センター

③ナイトウォーキング

(ロッジに宿泊)

④サンライズ&ピンクイルカウォッチング

⑤アマゾンの巨木

⑥ピラニア釣り

(ロッジでランチ後、ボートでイキトスへ)

 

1泊2日、4食付き(ランチ、夕飯、翌日の朝食、ランチ)。

ロッジの部屋はバストイレ付のプライベートルーム。

共有スペースでフリーウォーターあり。長靴の貸し出しあり。

1泊2日ですが結構盛り沢山な内容です。

私達がアマゾンでやりたいのは、ナマケモノに会うことと、生のタランチュラを見ること、そしてピラニア釣り、あわよくばピンクイルカにも会いたい!(動物ばっかり)

よし!全部含まれてる!!正直、ナスDの番組で「観光部族」と紹介されてたシピポ族には全く興味がないけど、アダムは「興味がなかったらガイドに頼んでジャングルをお散歩とかに変更もできるよ~」と言ってたから、まあいいか!

 

ツアー代金

ツアー代金は、言い値で1人当たり300ソレス(9,900円)でした。

 

他のツアー会社も聞いて比較検討したい私達。(開いてるかはさておき)

日曜だから午後はオフィスを閉めたいアダム。(この時ちょうど12時前)

 

「200にしてくれたら今ここで即決するよ!」というひと押しで、

最終的に1人200ソレス(6,600円)になりました。ありがとう、アダム!

 

ちなみに宿で他の旅人達から聞いた話によると、現地ペルー人の相場が1日あたり110ソレス~、シャーマン(祈祷師)体験を加えると+100~150ソレスくらいになるようです。

 

ツアー申し込みのポイント

日曜日は市内のツアー会社が閉まっている or 午前中のみの営業が多いので、注意!

ただしツアー前日の方が、すでに人が集まっているので値段交渉しやすい

メルカドでアマゾンフィッシュを食す

イキトス 市場

無事に明日のツアーも予約できたことだし、昼食&夕飯の材料買い出しのために宿の近所にあるメルカド(市場)へ。

イキトス 市場 メルカド

↑やぐらが木なのがまた味があっていい。

イキトス 市場 魚

↑アマゾン川が近いからか、肉より圧倒的に魚が多め。

イキトス 市場 魚

↑細かく包丁が入れてあるのは素揚げ用かな。小ぶりだし。

 

イキトス 市場 魚の炭火焼き

すると、アマゾンの地魚を炭火で焼いている屋台を発見。いい匂い!

イキトス 市場 魚の炭火焼き

地元の人達がひっきりなしに買いに来ていて、魚もどんどん焼いている。

↑おいちゃんも無心で食べてます。

回転がよく、魚も新鮮そう。まぁなんたってすぐそこのアマゾン川で獲れてますからね!

昼食は炭火焼き魚に決定!

魚の炭火焼き イキトス メルカド

大ぶりのぶつ切り部分を1人ひとつ注文。

塩焼きしてあるけど、足りなければお好みで塩とフルーティーなピリ辛レモンたれをかけて食べます。

脂がのってて、側は香ばしくて、エンガワらへんはウナギみたいな味。淡水魚の炭火焼きだからかな?

一切れでめちゃくちゃお腹いっぱいになりました。

イキトス 魚 炭火焼き 市場

魚の種類をおばちゃんは「カミターナ」と言っていたけど、後から調べても何の魚かはっきりしなかった…。とりあえず美味しかったからいいか。

 

続いて、夕飯の買い出しに市場内をウロチョロ。

アグアヘ イキトス 市場 フルーツ

鱗っぽい模様の皮のこちらはアグアヘという名のフルーツ。

写真撮ってたらなぜか隣の売り子のおばちゃんが一つ食べさせてくれた。熟す前のアボカドみたい。甘くも、酸っぱくもない。すこしクリーミーな食感。

イキトス 市場 フルーツ アグアヘ

↑剥くとこんな感じ。

イキトス 市場

おばちゃんはエクアドルで中国人の男性と結婚したらしく「夫がチーノだからアジア顔なのよー似てないでしょ?」といっていたけど、そのあと現れた息子さんはおばちゃんに激似だった。

あまりの暑さに、おばちゃん達とバイバイして、高山病予防に香りをかぐといいという水「アグアデフローレス」と、パスタ用のトマトを買って、帰宅。

 

明日はいよいよ、アマゾンツアー!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください