【マレーシア①ジョホール】国境越えと、一押しアイス屋さん発見!!




ご無沙汰してます、Harunaです。

リアルタイムではミャンマー・ヤンゴンに着きました。

恐ろしいことに1ヶ月分くらい更新が滞ってるけど、これから頑張って追いつきます!

バスで国境越え

2泊3日のシンガポールを満喫した私達。いざ、マレーシアへ。

マレーシアの玄関口・ジョホールバルへの国境越えはバスを利用。

片道およそ1時間、運賃たったの3.3シンガポールドル(270円)!

流れとしては、バスで国境まで → シンガポールの出国審査 → 同じバスでマレーシア側へ越境 → バスを降りてマレーシアの入国審査、の順。

簡単すぎる…国境越え…。

 

しかし、シンガポール出国&マレーシア入国のイミグレ(入国審査)でまさかのプチトラブル。

それはあきがイミグレチェックを済ませ、私の番になった時。

 

入国審査カウンターのお姉さんがパラパラとパスポートをめくりながら、

「あなた、シンガポール入国のスタンプが見当たらないわよ」

「え?」

「ちょっとこっちへ来て」

「え??」

 

ヤバイ!!別室へ連れてかれる!!

まさかの3カ国目でイミグレ別室デビュー?!

 

ドキドキしながらお姉さんに付いていくと、奥にある別のお姉さんのカウンターへ。

「なんかこの子さー、スタンプ見当たんないのよー」

「どれどれー?んー」

 

カタカタカタ…(何やらデータ検索してるらしき音。カウンター高くて手元見えず。)

 

「んー??」

 

パラパラパラ…(パスポートめくってるらしき音)

 

「これじゃない?」

 

あった!!!全然違うページに、うっすらと!

次から、イミグレの際はスタンプがしっかり押されているかどうか、その場で、入念に、確認します(泣)

あー怖かった。

 

イミグレゲートを出たらそこはマレーシア。

建物がショッピングモールに直結していて、そこからホテルへ歩いて10分程度。

途中、モールの入り口でホテルへの行き方が分からず立ち往生していたら、通りすがりのマレー系おじさんが、

「日本人?どこ行きたいの?」

と日本語で声をかけてくれ、ホテル名を伝えると、丁寧に案内してくれた。

「そのホテルいいとこだよ。マレーシアはご飯美味しいよ。楽しんでー。夜歩く時は気をつけてねー。」

颯爽と去っていくおじさん。ありがとう。

超ジャンクな晩ごはんからの・・・

ホテルに荷物を置いて、さっそく夕飯へ。

地元民に愛されるジャンクフード「チキンチョップ」の有名店、IT Roo Cafe(イッ・ルー・カフェ)へ。

このボリューム感!

食べごたえ抜群!

ちなみに、チキンの下にひいてあるブラックペッパーソースがビールに合いそうな、絶妙なジャンク具合だったけど、さすがイスラム教の国、アルコール類は置いてないとのこと…。残念…。

 

チキンチョップの店を出ると、斜め前に自家製アイスクリームのお店を発見。

他は完全にローカル感あふれるこの通りで、なんだかここだけオシャレな雰囲気。

ラズベリー・グラノーラ味のアイスを注文。満腹だったのでひとつを二人でシェア。

店内2階へ上がると。。。。

オシャレ!

一番奥、ソファ席の居心地、最高!!

ほんとにジョホールバル? ←失礼

アイスもほどよい酸味とクリーミィな甘さ。美味しい。

2階の客は私達だけだったこともあり、しばしの間、まったり。

アイスだけじゃなくドリンクメニューも充実してたので(特に紅茶の種類が豊富!)、街歩きの際に、ひとやすみするのにもいいかも。

プチ夜市に遭遇

ホテルへの帰り道、ナイトマーケットを発見。小規模だけど、なかなかに賑わってる。

ヘナタトゥー入れてもらってる。

何やら見覚えのあるタグ。これは・・・。

全然ドット柄でもネイビーでもない。

まぁ、模造品が作られるくらいの知名度になったということで…。(ポジティブ)

 

その後もぷらぷらしつつ、結局夜市では朝食用にマンゴーをひとつだけ購入。

ホテルの隣の個人商店で、ビールを1缶買って、宿へ戻った。

 

明日はジョホールバルを出て、世界遺産の町・マラッカへ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください