【マレーシア⑤:マラッカ】マラッカは夜市まで多国籍!




こんにちは、ハルナです。

リアルタイムでは、タイ・チェンマイに滞在中。

先日、ツイッター経由で知り合った旅人仲間の初対面で「deco-bocoさん」と呼ばれ、何だか気恥ずかしさを覚えました。まだまだです。

 

マラッカ最後の夜

 

これまで、街歩きや遺跡巡り、そしてニョニャ料理を堪能したdeco-bocoふたり。

【マレーシア③:マラッカ】町全体が世界遺産!!マラッカをぶらり街歩き

5月 6, 2019

【マレーシア④:マラッカ】マラッカ名物!ババニョニャ料理を食べてみた。

5月 9, 2019

いよいよマラッカ滞在も残り一泊。

最後の夜は、マラッカ旧市街で開催される夜市へ。

というか、実は夜市に行きたいがために、現地で急きょ一日延泊しました(笑)

マラッカでの夜市は、毎週金曜の夕方から、旧市街の目抜き通りであるJonker Streetで開かれています。

 

 

まだ少し明るい5時台に、ジョンカーストリートへ向かってみると。

おお!もう出店が沢山!

 

食べ歩きフードだけじゃなく、服や日用品、骨董品(?)など、色んなお店が並んでて、その間を皆がワイワイガヤガヤ。

フードも、マレー菓子があったり、タイ・ティーがあったり、中華まんがあったりと、多国籍。さすがマラッカ!

ローリング・ポテト(まずは炭水化物で腹を満たし。芋好き夫婦なんですわ)

マンゴーもつまみまがら。(食物繊維とビタミン補給に果物は大事ですよ)

途中、枝分かれしたり屋台広場につながってたりと、結構広い。

完全に見た目に惹かれて「バタフライ・ピー」という青い花のハーブティーも。

うすら酸っぱい水でした。

雰囲気や出てる出店の感じ、ちょっと台湾の夜市に似てる気がするなぁ。

実際の雰囲気をぜひ、動画でどうぞ!

 

ひと通り見終わったので、夜市の通りにある、かき氷のお店『Jonker 88』に入り、休憩。

ここマラッカの黒蜜はサトウキビからではなく、ココナッツから作った『椰子黒糖』の黒蜜。

言われてみれば、普通の黒蜜よりクリーミーな甘さかも?ん?それは練乳か?

相方・あきは、マンゴーのせを注文。

どうでもいいけど、東南アジアではとうもろこしはフルーツ扱いなんだろうか。フィリピンといい、マレーシアといい、よくデザートのトッピングにスイートコーンが入っています。コーンの甘味と食感はかき氷に合うっちゃ合うんだけど。。。

タイで食べたマンゴーともち米の組み合わせ(+ココナッツミルク)は抵抗なし(むしろ大好物)なのに、このコーンに対する違和感は何だろう・・・。(とかいいつつもぐもぐ。)

 

当然かき氷だけでは腹が満たされるはずもなく、宿の近所の中華料理屋で、点心と中華まん(パオと私達は勝手に呼んでいる)を数個注文。誰が店員なんだ。

この後、具を変えて2皿おかわり。結論、ここは包(パオ)と桃まんが美味しかったです。

これで合計15リンギット(約400円)はコスパ良しですな。

 

最後まで、どこまでが店員でどこからが客か分からず。

 

宿に戻り、就寝。

 

明日はバスでマレーシアの首都・クアラルンプールへ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です