【旅行におすすめ】ミネラルファンデを比較してみた。




こんにちは、Harunaです。

世界一周に持っていく「最強の旅ファンデ」を探した結果、「ミネラルファンデ」にたどり着いた、わたし。

⇒【女子旅】世界一周に持っていくメイク用品一式

 

下地不要・石鹸で落とせる「ミネラルファンデ」は、身軽にしたい旅にオススメなのはもちろん、

メイクにかける時間を短くしたい!という方や、

肌ストレスから解放されたい!という方にもおすすめなんです。

今日は、実際にミネラルファンデを色々使ってみた中で、おすすめをランキング形式で紹介します。

この記事でわかること
  1. ミネラルファンデって?
  2. おすすめNo.1 オンリーミネラル ミネラルエッセンスBBクリーム
  3. おすすめNo.2 ETVOS クリーミィタップ ミネラルファンデーション
  4. 《まとめ》ミネラルファンデ 5社 比較

ミネラルファンデって?

 

聞いたことはあるけど、ミネラルファンデってなに?

ミネラルファンデとは、化学成分や着色料を使わずに、酸化鉄や酸化チタンといった天然のミネラル(鉱物)を主成分としたファンデーションのこと。ざっくり言うと岩石や鉱石を細かく粉砕してパウダー状にしたものです。

なぜ肌にいいの?

ミネラルファンデが肌にいいと言われる一番の理由は、「石鹸で落とせる」から。一般的なファンデにはシリコンなどの化学物質や油分が含まれるため、クレンジングが必要。でも、ミネラルファンデにはそれらが入っていないため、石鹸だけで落とせて、肌への負担が少ないんです。

酸化鉄や酸化チタン…「酸化」ってあまり肌にいいイメージがないけど…?

すでに酸化した物質は分子構造が安定していて、肌の上でこれ以上反応しないので、むしろ低刺激なんです。ちなみに、ミネラルファンデに含まれる主な4つの成分と役割はこちら。

酸化チタン 白色の顔料。肌への密着性と光屈折率が高く、肌の凸凹をカバーする役割。紫外線を反射する効果も。
酸化亜鉛 白色の顔料。収れん作用(肌のひきしめ)や抗炎症効果があり、火傷などの治療に使われる亜鉛華軟膏の主成分。紫外線を反射する効果や防腐性もある。
マイカ 白雲母を微粉末状に砕いたもの。肌にキラキラした光沢やツヤを出す。
酸化鉄 黄、赤、黒などの顔料。化粧品に色をつける成分として伝統的に使われてきた成分。鉄を熱処理により色を変化させ、安定させたもの。

とはいえ、日本ではミネラルファンデの明確な定義が存在しないため、「ミネラルファンデ」と名前がついていても、必ずしもミネラル100%で肌に優しいとは限りません。せっかくミネラル成分を含んでいても、カバー力UPのため、あるいはリキッドやクリーム状に加工するのに、石油由来の油分や化合物を加えている場合も…。

成分を確認しながら、カバー力や仕上がりの好みなど、自分に合ったミネラルファンデを選んで下さいね。

参考までに、もうすぐ32歳、私の肌タイプは以下のとおり。

混合肌。黄みが強いイエベ(イエローベース)タイプ。

イエベ/ブルベ(肌タイプ)に関してはこちらのサイトで分かりやすく説明されているので、ご覧あれ。

【イエベ・ブルベの見分け方】どっちかわからない…を診断!

では早速、実際に使ってよかったおすすめを三ツ星評価で紹介していきます!

1位 オンリーミネラル ミネラルエッセンスBBクリーム

今回、世界一周の旅に持っていくのも、こちら。

<仕上がり>★★★

ミネラルファンデやBBクリームといえば、通常のファンデと比べると「カバー力がない」「化粧崩れしやすい」というところが難点なのですが、これは軽めの仕上がりなのに、カバー力も十分!

重ためのクリームみたいなテクスチャかと思いきや、肌の上で伸ばすと、スルッとなめらかに広がります。少量でOK。パール大、しかも小粒の。

微細なパールが入っているので、毛穴や赤みをカバーしつつ、肌もトーンアップ。ツヤとテカリって紙一重だと思うんですが、ギラつかず、みずみずしい透明感のある自然なツヤ感が出ます。

ちなみにカラーは、ナチュラルベージュ、ライトオークル、オークルの3色のうち、私はライトオークルにしました。ブルーベースの方はピンク感のあるナチュラルベージュ、健康的な小麦色の肌の方はオークルがおすすめのようです。

<キープ力>★★★

メイクして4~5時間経った時点で、テカリや浮き、ミネラルによくある「塗ったファンデが消えている」というような目立った化粧崩れもありませんでした。

一方、他のミネラルコスメに比べると保湿力は弱いので、乾燥肌の方はメイク時、BBクリームの前に保湿をしっかりしておくと、ちょうどいいかもしれません。

<落としやすさ>★★★

うたい文句通り、石けんだけでオフできました。

念のため、湯上りに、ふき取り化粧水でチェックしてみましたが、ラメやファンデ感が残っている感じもありませんでした。

ポイントは、

①洗う前にお湯で油分を浮かすこと。

②香料などの入っていない無添加せっけんがベター。

(コスメブランドの化粧石鹸だと洗浄力が足りないかも)

③しっかり泡立てること。

の3つ。

今回に限らず、石鹸はリキッドより固形石鹸をおすすめします。液状にするための添加物が少ないので。

2位 エトヴォス クリーミィタップ ミネラルファンデーション

1位のBBクリームと迷ったのが、同じくミネラルコスメのメーカー「エトヴォス」から出ている、クリームタイプのファンデーションです。

なぜクリームタイプかというと、パウダータイプに比べて適度な保湿力があり、かつ、リキッドよりも肌への負担が少ないから。

あと、プレストパウダーと違って割れないし。←よく化粧ポーチごと落として粉々にする人。

肌への負担の軽さ(皮膚呼吸のしやすさ・メイクの落としやすさ)は、

パウダー > クリーム > リキッド

らしいです。(カバー力を重視するならリキッドが最強なんですけどね。。。)

エトヴォスのクリームは、油分も天然のワックス(ミツロウ)とスクワラン、植物オイルがベースなので肌への負担も少ないのが嬉しい。

以下、レビューです!

<仕上がり>★★★

がっつりイエローベースなオークルと、ワントーン明るいナチュラルを試しましたが、どちらも私の肌の色味に合っていました。

ほどよくマットな仕上がりで、オークルだとクールな感じに、ナチュラルだと陶器みたいなツヤ肌になります。

テクスチャの硬さもちょうどよく、全体を薄く肌にのせて伸ばし広げて、気になる部分のみ指で上乗せしてカバー。そしてその境目が違和感なしという優れもの。仕上がりだけで比較すると、上のBBクリームよりも好きかな。

<キープ力>★★☆

全く化粧崩れしないわけではないですが、比較的メイクのもちはいいです。

肌のトーンも変わらず。

メイク直しも、テカリが気になる部分だけティッシュオフして、上から軽く再塗りorパウダーすれば大丈夫。

(他のミネラルファンデは、暖房が入っているところに長時間いると、ドロドロに溶けて浮いたりなくなったりしたので…笑)

<落としやすさ>★☆☆

公式では「石鹸で落とせる」とうたっているのですが、洗顔後もなんとなく肌にファンデが残っている感じがあり、ふきとり化粧水を使うとコットンにうっすらベージュ色が…。ひええ…。

心配なので、石鹸で2回洗顔するか、厚塗りした日はクレンジングを使用してメイクオフしていました。

旅の間、シャワーや洗顔で使える水量が限られている場所もあると思うので、今回の世界一周の旅へ持って行くのは断念しました。

 

《まとめ》ミネラルファンデ クリームタイプ5社 比較

3位以下は、以下のまとめ表でどうぞ~。

アルビオンはミネラルコスメではないのですが、下地不要で、友人から教えてもらい、使ってみて良かったので載せときました。旅じゃなく、日本での会社勤めだったら使ってたなー。

乾燥肌/オイル肌などの肌質や、イエベ/ブルベといった肌タイプによって、合う・合わないがあるかと思うので、私と肌質が近いな~という方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒【イエベ・ブルベの見分け方】どっちかわからない…を診断!

順位 1 2 3 4 番外編
メーカー オンリーミネラル エトヴォス トゥヴェール 24hコスメ アルビオン
商品名 ミネラルエッセンスBBクリーム* クリーミィタップ
ミネラルファンデーション
ミネラルクリーミー
ファンデーション
ミネラルクリームファンデ スマートスキン ベリーレア
石鹸でオフ ×
下地不要
税抜価格* ¥4,000 ¥5,600 ¥2,600 ¥3,900 ¥5,000
30g 7g 8g 4g 10g
仕上がり/カバー力 ★★★ ★★★ ★★☆ ★☆☆ ★★★
キープ力 ★★★ ★★☆ ★☆☆ ★☆☆ ★★☆
落としやすさ ★★★ ★☆☆ ★★★ ★★☆ ★☆☆
日焼け止め効果 SPF25 PA++ SPF42 PA+++ SPF40 PA++ SPF50 PA++++ SPF33 PA+++
いい点 薄づきなのにカバー力がある仕上がり。
化粧崩れしにくい。
石鹸で落とせる。
イエローベース色味。カバー力がある。ツヤ肌に仕上がる。
化粧崩れが汚くない。
安い。コスパよし。
やわらかいテクスチャ。
ツヤ肌に仕上がる。
日焼け止め指数は高い。 ミネラルコスメではないが、下地不要。
クリームのツヤ感とパウダーの素肌感が絶妙。
イマイチな点 日焼け止め指数が低い。若干乾燥しやすい。 石鹸オフをうたっているが、実際に100%落とせているかは疑問。
値段が高い割には、減りが早くコスパが悪い。
時間が経つと、ドロドロに浮いて化粧崩れする。減りが早い。 テクスチャが固めで伸びが悪い。肌にのせる量の調節が難しい。
化粧崩れしやすい。
クレンジングが必要。

※オンリーミネラルにはクリームファンデがないため、1位のBBクリームで比較

※税抜価格はすべてケースとのセット価格(エトヴォス・トゥヴェールはパフ付き)

 

いかがでしたか?

下地不要・石鹸で落とせる「ミネラルコスメ」は、身軽にしたい旅にはもちろん、日常のメイクの時短としてや、肌ストレスから解放されたい!という方にもおすすめです。

それではまた~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です