【ミャンマー②:ヤンゴン】ミャンマーの民族衣装ロンジーを履いてみた。




こんにちは、ハルナです。

リアルタイムでは、メキシコ南部にあるサンクリストバル・デ・ラス・カサスでまったり沈没しています。

 

さて、ミャンマーの首都、ヤンゴンへやってきた凸凹コンビ。

この町に着いて以来、気になってたアイツを試してみることに。

 

ロンジーとの出会い。

ヤンゴンで街を歩いていて、目に入るもの。

それは・・・

ヤンゴン男性が老いも若きもスカートを履いているではありませんか。

もちろん、デニムや普通のパンツ姿の人もいるのだけれど、半数くらいの割合でスカート。

 

老いも!

 

若きも!

 

お寺でも!

通勤ラッシュ時も!

 

なんだか無印っぽい着こなしの人まで!!

 

調べてみると、「ロンジー」という民族衣装の一種らしい。

ロンジーとは、ミャンマー(ビルマ)で日常的に着用されている伝統的な民族衣装である。下半身に着用する筒状の衣類で、男性用のロンジーはパソー、女性用のロンジーはタメインと呼ばれる。輪状に縫った布を腰に巻きつけて固定し、男性は体の正面で、女性は左右いずれかに布を寄せて結びつける。

Wiki先生、ありがとうございます。

ふんふん、ついつい男性に注目してしまったけど、女性用もあるのね。

 

ほんとだ。タイトな巻きスカートって感じ。素敵じゃないですか。

 

こちらは正装バージョン。セットアップスタイルです。

 

ロンジーがほしい。

街を歩けばロンジーにあたる。(上の写真、気づけばあき以外ほぼみんなロンジー。)

 

人間、何度も見かけると気になってくるもので。

 

ハル「だんだんロンジー男子がかっこよく見えてきた…」

アキ「確かに・・・。俺、ちょっとロンジー欲しいかも…」

 

これまであまり服を欲しがらなかったあき。

どうやらロンジーが気になるらしい。

 

ロンジーを買ってみた。

ヤンゴン市内にある老舗百貨店兼スーパー、「Ruby Mart(ルビーマート)」を訪れた二人。

 

2階の紳士服売り場に行くと・・・。

あるわあるわ、ロンジー!

箱入りの高そうなやつから、棚に山積みの日常使い風、はたまたワゴンセールの安価品まで!

ちょっと和柄(絣)っぽいのも。

 

お値下げ品もご用意しております。

 

全部の価格帯の布地を触った感じ、どこにどう値段の差があるのか全く分かりませんが、ひとまずワゴンセールの中から地味シンプルな黒地に白の格子柄のロンジーをゲット。

お値段なんと、300円。(4,000チャット)

うん、トライアルの1枚としてはまずまずいいお買い物なんじゃないかな。

 

ロンジーを履いてみた。

無事にロンジーを購入できた、あき。

嬉しそうです。

早速、宿に戻ってYouTube動画を参考にしながらロンジーを履いてみます。

 

しかし・・・

 

思ったより難しい・・・!

 

歩くとすぐに結び目がほどけてきちゃう!

ハラリもあるよ!

街中でそれは危険だよ、あき!!!!

 

宿の部屋でうんうん唸りながら練習するあき。

かれこれ30分以上たってません?

 

なんとか巻けた。

 

ちなみに、履き心地は抜群(らしい)。

丈は長いけど風通しが良くて、酷暑(4月は乾季真っ只中)のミャンマーでも快適(らしい)。

ゆったりとした着心地でリラックス出来るため、部屋着としても活用(してた)。

なんなら夜行バス、ロンジーで移動してたね。

基本的にワンサイズで胴回りの幅を自分で調整可能なので、体形の変化にも対応できちゃう(らしい)。

やった、多少これから痩せてっても着れちゃうね。

 

ロンジー・コミュニケーション、略してロミュニケーション。

街中にて。

ロンジーを着用し、ヤンゴン市内のパゴダ(お寺)へ行った時のこと。

なんとか履けてはいるけど、まだまだ慣れないせいか、ちょいちょい結び目がほどけてくる。

パゴダの階段の隅で止まって結びなおし。

 

すると、見かねた地元の兄ちゃん(こちらも勿論ロンジー着用)がサッと助けに来てくれた!

さすがは地元っ子!シュシュッっと慣れた手つきであきのロンジーを結びなおすと、ニカッと笑って去っていきました。

優しい!

 

ロンジーを巻いてると、こんな形で地元民との「ロンジー・コミュニケーション」、略して「ロミュニケーション(造語)」が取れちゃうわけですね。

素晴らしい、ロンジー。

ありがとう、ロンジー。

 

 

ロミュニケーションはこんなところでも。

ロンジーの着方練習中、宿のトイレの鏡で確認してたあき。

ヨーロピアンな別の宿泊客(こちらもロンジー着用)から、「ロンジー、慣れるまで履くのなかなか難しくね?」って話しかけられたらしい。

旅人同士でも盛り上がるわけですね。

素晴らしきかな、ロンジーの絆。

 

ロンジー、オススメです。

ぜひミャンマー行かれる際は試してみて下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です