【マレーシア⑨:ペナン】ペナンに行くなら絶対4月!フードフェスティバルがおすすめ!




こんにちは、ハルナです。

リアルタイムでは、ベトナム・ホーチミンで毎日いろんなバインミーを食べ比べするしあわせな日々を送っています。

さていよいよマレーシア最後の都市、ペナン編に入ります。

ジョージタウンへ到着。PAGE 63、お前もか。

イポーからバスとフェリーを乗り継いで、ペナン・ジョージタウンへやってきた二人。

今夜の宿、「PAGE 63」にチェックインしようとすると、ドアがロックされてて入れない。ここもフロント常駐ではないタイプのゲストハウスでした。

ドアには、メッセンジャーやLINE、Whatsupの連絡先が。ゲストハウスのWi-Fiを拾ってコンタクトを取ってね、ということらしい。メッセンジャーでチェックインしたい旨を伝えると、スタッフからすぐに返事がきた。

エントランスのセキュリティパスワードと、私達が泊まるベッドの番号、設備の説明などの後に、気になる一文が。

…なぬ?

今晩「フード・フェスティバル」なるものがあると?

ググってみると、2017年から今年で3回目。100を超える地元の人気店が屋台として集結するらしい。メインイベントだけでなく、ミニ・フェスなども合わせて約1か月間、食の祭典が続くらしい!その初日にペナンに到着するなんて、我々タイミング良すぎ!!

※最後に場所や日時の詳細載せてます。

早速、荷物を置いて、教えてもらったビーチストリートへ。宿からは歩いて10分くらい。途中スコールが降り、民家の軒下で雨宿りしつつも、会場へ到着。

ペナンのフード・フェスは感度高め!

雨上がり(というかまだちょっと小雨降ってる)にも関わらず、この活気。

照明や音楽がオシャな雰囲気。

上を見上げれば、虹が。空すら素敵。

ゲームもできるよ。大人も真剣に遊んでた。笑

SNS用の写真撮影コーナーも充実。協賛企業も多く、規模は大きいけど、要所要所に若者の感性を感じる。HPに市長のコメントもあったけど、なんだかノリノリだった。ペナン市、いいぞ。

会場の中心部のメインストリートには、地元の名店が集結!ペナン中のレストランやベンダーの有名店が集まっているみたい。フェス開始直後にも関わらず、人気の屋台にはすでに列が!

メインストリートから東西に分かれる通りには、それぞれインド料理・バーガー・中華・マレー料理などエリアが分かれていて、こちらも活気に溢れてる!

綺麗な模様を描きながら焼く、パリパリしたスイーツ。

お姉さんがところてんみたいな道具で何か白いものをにょろにょろ~!!

なんだろう?そうめん?味は??→後日判明しました!お楽しみに!

こうしてみると肉の写真率が高いな・・・。

ひつじ?焼きながらどんどん解体してって、終盤にはこの状態。↓

↓笹の葉に挟んで焼くかまぼこ、オタオタ。

それでは、計2日間で私達が食べたものを一挙公開。

ちなみに二日目は、事前に安い酒屋でビールを買って持っていきました。マレーシア、お酒高いのよね。。。

手羽先。ビールが欲しくなる味。

「ナシ・カンダール」というインド系マレー料理のぶっかけ飯。好きなカレーやおかずを選べる。カレーは勿論、チキンからコールスローまで、旨辛の絶妙なバランスで美味しかった!これがきっかけで、ペナン滞在中はナシカンダールばっかり食べてました。

こちらは二日目に食べたチキン。見た目から辛い系かと思いきや、めっちゃ甘い味付けでした。さすがマレーシア。要所要所で「甘い」をねじ込んできます。

ロティ・チャナイ。ナンやチャパティよりも薄くて、デニッシュみたいに層になってる生地を、豆カレーにつけて食べる。こっちの人達は朝ごはんによく食べるらしい。

ナッツクリームが挟まったパンケーキ。ナッツの食感がアクセント。

芋餡が入った揚げ饅頭。外側の揚げたて生地もほんのり甘くて、甘すぎない芋餡とマッチして最高。

揚げ饅頭を買う時に「隣の平べったいのも美味しそうだね~」って言ってたら、おじちゃんが平べったい塩味のぬれせんべいもおまけでくれた。いいのー!?そしておいしー。(真っ先に食べたので写真なし)

チェンドル。小豆と緑のにょろにょろパンダンゼリーにココナッツミルクがたっぷりかかった、マレー風かき氷。あきの好物。

なんと中盤には、花火も!しかもなかなかの打ち上げ発数!思わず歓声が上がってました。

残念ながら天候に恵まれず、二日間とも小雨の降り続く中での開催でしたが、むしろこの雨でこの集客力はすごい!!楽しかったし、お腹も大満足!!むしろ、美食の町はイポーではなくペナンだったのでは…。

フードフェスのおかげで、ペナンの滞在中、食事に困ることはありませんでした。この2日間の他にも、いくつかミニ・フェス(後日UP予定)もあり、気になった屋台があれば後日ペナンの街中で出店元のごはん屋さんを訪れることもできます。(実際に行ってきました!)

マレーシア・ペナンに旅行される際はぜひ、4月のフードフェスに合わせて行かれることを強くオススメします!!このフェスだけでも、来る価値ありです!!!

PIFF 2019(メインイベント)の詳細

Penang International Food Festival (PIFF) 2019

開催日時:2019年4月13・14日 週末2日間 17:00~23:00

その他のミニイベントはこんな感じ。イベントスケジュール↓

Penang International Food Festival 公式HP

※過去2年間も同じような日程(4月中旬~下旬にかけて)で実施されていました。

場所:Lebuh Pantai通り(いわゆる「ビーチストリート」と呼ばれる通りです)

毎年ちょっとずつ進化してるようで、私達が行った時には、メインステージでのライブ演奏のほか、サブ・ステージでは公開料理教室や、料理パフォーマーのプログラムもありました。どちらもイスに座って観られます。うーん、飽きさせない。

さて、明日はミニ・フェスティバルのひとつ、コーヒーがテーマの「Kopi ‘O’(コピ・オー)」に行ってみるぞ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください