最強の旅カメラ誕生!?Osmo Pocketを買いました【Gopro比較も】




 

こんにちは、Akihikoです。

今日は、僕たちが旅に持っていくサブカメラを紹介します。

記事のタイトルにもありますが、話題のOsmo Pocketを購入しました!!

 

当初はGoproを買うつもりでした。世界一周の定番サブカメラといえばGoproです。しかし、そろそろGopro買おうかなっというタイミングでOsmo Pocketという革命的なカメラが発売されたんです。

Osmo Pocketについて色々調べてみると、僕たちの旅にはGoproよりもOsmo Pocketのほうが合っていそうなことが判明。

PayPay祭りに乗じて買ってしまいました!!

この記事ではOsmo Pocketの魅力とともに、海外旅行に持っていくサブカメラについて、GoproとOsmo pocketどちらがおすすめかをタイプ別に紹介したいと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ

旅行中に動画を撮りたいけどカメラは何がいいかな?

GoproとOsmo Pocketどっちを買おうかな?

 

この記事でわかること

 

  1. Osmo Pocketの魅力を3つまとめ
  2. Goproとの比較。OsmoPocketの弱点は?
  3. Osmo Pocketがおすすめな人、Goproがおすすめな人

 

 

1.Osmo Pocketの魅力を3つまとめ。

 

まずは動画をご覧ください。

どうですか?すごくないですか??

僕は動画見ただけでめちゃくちゃワクワクしました!!

 

お時間あればぜひもう1本動画見てください。この動画は全編OsmoPocketを使って撮影されたサンプルムービーです。

 

どうですか?このクオリティ。もちろんプロの方が撮っているのでここまでの映像を撮るのは難しいとは思いますが、OsmoPocketのポテンシャルを感じさせます。

オラ、わくわくすっぞ。

はい。ということで、OsmoPocketの魅力を紹介します。

 

魅力① とにかく小さくて軽い。旅において小さくて軽いは正義!!

 

大きさはマジで手のひらサイズ。実物見ると思ったより小さいです。そして軽い。

ポケットに入れておいて思い立った時にすぐに撮影できる。というお手軽さが素晴らしいです。

画像の通りスマホやペンとほぼ同じ大きさ。名前の通りポケットに入れておけるサイズ感です。

 

魅力② 超強力な手振れ補正

 

3軸ジンバル搭載なので手振れ補正が半端じゃないです!!ちなみにGopro Hero7もハイパースムースといって強力な電子式の手振れ補正があります。Goproの手振れ補正も素晴らしいのですが、電子式だと暗所での手振れ補正が効きにくいなどデメリットもあります。物理的にジンバルで手振れを抑える方法がベストです。

今までのジンバルって結構でかいんですよね。街中で撮影すると、すごい撮影している感でちゃうというか、目立っちゃうというか。

ちなみにOsmoPockeと同じDJIが出しているスマホ用のジンバルが以下。osomo mobile2です。ちなみにジンバルの中ではかなり小型な方です。

画像見てもらうとわかると思うんですが、やっぱり少し大きくて目立ちますよね。気軽にいつでも持ち運べる大きさではない気がします。

対してOsmoPocketは3軸のジンバルを搭載しながらも以下の写真のように手のひらに収まるサイズ。これは革命です。すごすぎる・・・。

osmopocketサイズ

 

でも、いくら小さくても手振れ補正の実力が伴ってなければ意味がありません。手振れ補正の実力はどうでしょうか。

こちらも動画で見ていただければその実力がわかると思います。

以下は僕も大好きなYoutuberの川井浩二さんの動画です。本当にわかりやすい。参考になります。

どうでしょう。もうヌルヌルですよね。歩いても走っても全然ブレが気になりません。

画質も普通に家庭で使う分には申し分なしです。音声もいい感じ。

この小ささでこの手振れ補正。旅行に持っていきたくなりませんか?

 

魅力③ 自動で顔認識して追ってくれるフェイストラッキング&アクティブトラッキング

 

OsmoPocketには自動で顔認識をして追跡してくれるフェイストラッキングと、指定したモノをずっと追ってくれるアクティブトラッキングの機能が付いています。自撮りをするときも自動で顔を追ってくれるのでフレームアウトする心配がありません。

DJI社がドローンで培ったすごい技術です。まさに未来がやってきた感。

 

番外編 なんだかかわいい

 

僕たちの中では実はこれが一番の決めてだったかも(笑)

かわいいんですよ。ロボット感というか。すごい愛着わくやつです。スターウォーズのR2D2的なかわいさを持っていると思います。

電源入れたときのジンバルの動きがたまらないんです。ジンバルの動きだけを動画撮っちゃいましたので、見てみてください。

めちゃくちゃかわいくないですか?ジンバルがカクカク、クルクルするロボット感!!

ついでにもう1点かわいいポイントが。

フェイストラッキング機能で自分をカメラが追いかけてくれるのも、またかわいい。

みなさん引いてませんか?ついてこれてますか?まあ完全に自分たちの自己満なのでいいんですが。

 

2.Gopro比較&OsmoPocketの弱点は?

 

Goproとのスペック比較

 

 

Gopro比較① アクションカムではない。

 

Goproのようなアクションカムではないので、防水機能がありません。水の中で使うためには専用のマウントを使わなければいけません。

また、Goproは頑丈なため、少々雑に扱っても壊れることはありません。OsmoPocketの頑丈さは、まだ分かりませんが、Goproよりは気を遣って扱わないとダメそう。世界一周しながらOsmoPocketの丈夫さも検証してみたいです。

 

Gopro比較② 画角がせまい?

 

Goproは最大122度の画角。6mm相当の超広角の撮影が可能です。Gopro特有のダイナミックな映像はこの超広角の画角のおかげです。

それに対してOsmoPocketの画角は80度。レンズだと22mm相当の広角レンズです。画角の違いは好みの問題かもしれませんが、自撮りをするとやはりちょっと画角がせまい印象です。

画角の違いはカズチャンネルのカズさんの動画でチェックしてみてください。違いが分かりやすいです。

 

Gopro比較③ タイムラプスの違い。

 

タイムラプスに関しても違いが。

Goproにはタイムワープという自分が移動しながら使えるタイムラプスの機能が付いています。これがまたかっこいいんです。ただ街を歩いているだけで様になります。正直この機能だけでもGoproは買いですよ。

タイムワープを使った動画はこちら。

かっこいい。旅動画の街歩きと移動時に使いたい。

対して、OsmoPocketにはモーションラプスという機能が付いています。これはジンバルを活かしてジンバルを回転させながらタイムラプスが撮れる機能です。これはこれでまたかっこいいです。

モーションラプスの動画はこちら。

タイムワープ、モーションラプス共に非常にかっこいい映像がとれます。どちらがいいかは好みですかね。

OsmoPocketでタイムワープのような動画が取れるようにアップデートしてほしいです。

 

Gopro比較④ 手振れ補正

 

最後に、手振れ補正の機能です。これはOsmoPocketに軍配が上がります。Goproのハイパースムースもジンバル不要と言われるくらい滑らかな映像が撮れるのですが、ジンバルを搭載しているOsmoPocketには敵いません。

また、電子式の手振れ補正は暗所で補正が効きにくくなっています。Goproもアップデートにより、以前より暗所に強くなったのですが、明るいところよりも手振れの性能は落ちてしまいます。

 

3.OsmoPocketがおすすめな人、Goproがおすすめな人

 

ここまで、OsmoPocketの魅力とともにGoproとの比較をお伝えしてきました。

OsmoPocketにもGoproにもそれぞれの良さがあり、どちらを買うか迷ってしまいますよね。

そこで、どういった使用方法をするのか、どんな映像が撮りたいのかで、どっちを買うのがおすすめかをお伝えしていきます。

 

OsmoPocketを買うべき人
  • 日常の風景や街歩きなどを映像に取りたい人
  • 夜や暗い場所で撮影をしたい人
  • 簡単にモーションラプスが撮りたい人
Goproを買うべき人
  • 水中撮影やスポーツシーンなどアクティブな用途が多い人
  • 超広角なダイナミックな映像を撮りたい人
  • タイムワープでおしゃれな動画が撮りたい人

 

僕たちは水中での使用やスポーツシーンよりも街歩きのほうが撮影機会が多そう。夜も撮影したい。という理由からOsmoPocketを旅のサブカメラに選びました。(かわいいという決め手も。)

今まではGopro一択だった旅のサブカメラの選択肢が増えたことは嬉しいですね。みなさんも撮影シーンと何を優先するかでぜひ選んでみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です