世界一周ルート公開!!ルートの決め方も解説します。




 

こんにちは。Akihikoです。

ついにdeco-boco世界一周ルートが決定しました!!

出来るまでかなり苦労しました。が、個人的にはかなりベストなルートができたんじゃないかと思います。

この記事ではそんな2人のわがままを詰め込んだ世界一周ルートを公開します。

世界一周を計画している人も、そうでない人も、ルートを見ながら旅を妄想してみてください。

 

この記事はこんな人におすすめ。

世界一周行くぞ!!でもルートどうしよう。どうやって決めればいいんだろ。
世界一周は予定してないけど、ルートは気になる!!

 

この記事に書かれていること
  1. 僕たちの世界一周ルート公開!!
  2. 世界一周ルートの作り方解説
  3. ルートはあくまで目安です。ルート変更も旅の醍醐味。

 

1.僕たちの世界一周ルート公開

 

deco-bocoの世界一周ルートはこれだ!!

途中から国ごとになるなど少し雑になっていますが・・・googleマイマップにて全ルートを公開します。

 

 
 
ルート作成の条件
  • 最初の国はフィリピン確定(英語留学のため)
  • 南米やアフリカなど体力と時間のある今でないと行けない地域を中心に。
  • 10月にメキシコにいたい(死者の日参加!)
  • 2月にボリビアにいたい(鏡張りのウユニ塩湖!!)
  • 7月にモンゴルにいたい(大草原!!!)
  • モロッコとエジプトは猛暑の時には行きたくない
  • パタゴニアトレッキングがしたい。
  • その他も極力ベストシーズンを追う。
  • 陸路で行けるところは陸路メイン。

 

まず、スタートは英語留学をするのでフィリピンと決まっていたため、最初はアジアを中心に周るルートを考えました。

その後インド、中央アジア、中東、ヨーロッパと西回りでいくのが世界一周のゴールデンコースです。

しかし、私たちは10月にメキシコ、2月にボリビアにいたいという希望がありました。そのため、アジアを周ったあとにアメリカ大陸に渡る東回りのルートを選択しました。スタートがアジアという点で西回りと東回りのハイブリットコースといった感じです。

アジアスタートの東回り、かなりいいですよ。世界一周、東回りの懸念点はいきなりアメリカ、南米と旅になれる前に難易度の高い地域に行くことが挙げられます。

このルートはその懸念点を解決したルートになっています。

わがままな条件もすべて揃った理想的なルートです。我ながら完璧!!

 

deco-boco世界一周ルート詳細

 

2019年2月:出発。2か月間フィリピン英語留学。

2019年4~6月:東南アジア周遊(シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム)

2019年7月:中国、モンゴル

2019年8月:アメリカ(グランドサークル周遊)

2019年9~11月:中米周遊(グアテマラ⇒スペイン語留学4週間、メキシコ、コスタリカ、キューバ)

2019年12~2020年4月:南米周遊(コロンビア、エクアドル&ガラパゴス、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ブラジル)

2020年4~6月:スペイン、ポルトガル、モロッコ

2020年7月~10月:アフリカ縦断(南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ザンビア、マラウイ、タンザニア、ケニア、エチオピア、エジプト)

2020年10月:ヨルダン、イスラエル

2020年11月~2021年2月:ヨーロッパ周遊(イタリア、スロベニア、クロアチア、ハンガリー、スロバキア、オーストリア、チェコ、ドイツ、ポーランド、ウクライナ、モルドバ、ルーマニア、ブルガリア、マケドニア、アルバニア、ギリシャ)

2021年2月~4月:ヨーロッパ~中央アジア(トルコ、ジョージア、アルメニア、イラン、トルクメニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、キルギス)

2021年5~6月:インド、スリランカ、ネパール

2021年6月:帰国

 

ざっくりとしたルートはこんな感じ。行く予定の国数は63カ国かな。

ルート作成して気が付いたことが一つ。

2年間で収まってねぇぇ(;゚Д゚)

 

海外旅行保険も旅の予算も2年間で組んでました。が、最終的には2年4か月の予定に。

まあ、調べたら海外旅行保険は海外の保険だったら途中でも入れるらしいからどうにかなるか。

問題はお金だね。資金が底をつくのが先か、世界一周を達成するのが先か。どうなることやら。

まあ、どうにでもなるね。⇒最近前にも増して楽観的になってきた。

 

2.世界一周ルートの作り方解説

 

 

まずは、世界地図を買いましょう。

 

ここからスタートです。世界地図を眺めて気持ちを高めましょう。

何言ってんだ!って思うかもですが、マジです。我が家にはトイレとリビングに世界地図が貼られています。いつも世界地図見てモチベーションを上げてます。

別にGoogleMapでもいいんですけど、実際の地図も1枚用意することを僕はおすすめします。

 

行きたい国や場所、見たい絶景、参加したいお祭りなどをリストアップする

 

世界一周とはいえ、行ける国の数は1年間なら多くても50カ国。

絶対に行きたい国や場所、見たい絶景や食べたい食べ物、参加したいイベントやお祭りなどをリストアップしましょう。

僕たちがリストアップの際に参考にした本は以下。

 

 

ちなみに僕たちの場合は

  • メキシコの死者の日参加
  • 鏡張りのウユニ塩湖
  • マチュピチュ
  • モロッコ
  • サンセバスティアン(スペインの美食の町)
  • パタゴニアトレッキング
  • アフリカでのサファリ

この辺りがリストアップされました。

 

行きたい国のベストシーズンやお祭りの開催日を調べる

 

世界一周だとすべての国にベストシーズンで訪れることは難しいです。そのため、絶対にベストシーズンで訪れたい国や、その時しか見れない景色、その時しかやっていないお祭りの開催時期を調べます。

僕たちは10月末の死者の日。1~3月の鏡張りのウユニ塩湖、7月の自然豊かなモンゴル、1~3月のパタゴニアトレッキング、アフリカでのサファリなどが該当しました。

各国のベストシーズンの検索はこちらのサイトが便利です。

 

旅の期間と出発日の目安を決める

 

これは本当に人それぞれ。期間は予算と使える時間の兼ね合い。学生なら休学して1年間とかが多いかな?

社会人は退職か、休職かによって期間も変わります。出発日も退職日次第ですね。

僕たちは当初、旅の期間は2年間。出発時期は退職時期がなかなか決まらなかったため、12月出発と2月出発の2パターンでルートを考えていました。

 

旅の期間にそれぞれのベストシーズンを配置してみる

 

イメージ的には上の図みたいな感じ。

ちなみに実際に僕たちがルート作成の際に使っていたものです。

出発日と旅の期間に対して行きたい国のベストシーズンやイベントの開催日を配置していきます。

すると、この時期にこの国にいなきゃいけないなど必然的にルートが決まる部分があります。

また、配置する中で日程は近いのに大陸が全然違うなど諦めなきゃいけないイベントやベストシーズンが出てくることもあります。

そういった場合は優先順位をつけて、優先順位が高い国やイベントをベストシーズンで訪れるルートにしていきましょう。

 

西回りか東回りか。移動手段は?

 

ベストシーズンと同時にもう一つ考えなくてはいけないのが、西回りでいくのか、東回りで行くのか、です。

西回り、東回りのそれぞれの特徴やメリット、デメリットはこちらのサイトを参照ください。

僕も準備の際によく参考にしていたゆきんこさんのブログです。西回り、東回りの特徴がわかりやすくまとまっています。

 

僕たちは「アジアスタートの東回り」を選択しました。一般的に西回りより難易度が高いと言われている東回りですが、アジアスタートにすることで、まずは比較的治安のいいアジアから旅をスタートすることができ、旅になれることもできます。

あとは、僕たちが絶対にベストシーズンで行きたい場所を考えたときに東回りのほうがスケジュールに無理がなかったので、東回りにしました。

 

正直、西回りと東回りはどっちでもいいと思います。どっちのルートも一長一短です。より多くベストシーズンで訪れられるかで選べば良いでしょう。

 

また、移動手段についても考えなくてはいけません。当然、飛行機でバンバン飛び回る場合と、陸路中心の場合では滞在期間やルート自体も変わってきます。どんな旅のスタイルで世界一周をしたいのかを考えておきましょう。

 

Googleマイマップを使って行きたい国をつないでみる

 

世界一周ルート作成のためのツールはGoogleマイマップ一択です。

行きたい国や町のピン止めも、ラインで結ぶこともできます。また、それぞれのピンやラインにメモを入力することができるので、滞在期間やベストシーズン、移動の手段や移動費用などをメモしておくこともできます。本当に便利です。

世界一周ルート作成ツールと言っても過言ではありません。

 

それぞれの国での目安の滞在期間を決め、調整する。

 

ここまで来れば世界一周ルートは完成したも同然。

各国での滞在期間の目安を決め、ルートに無理がないかを確認して調整します。

僕たちの場合は滞在期間を考えていったら2年をオーバーしてしまうことが判明したわけです。

ただ、どの国も削りたくなかったので、今のところは期間をオーバーしてでもすべて行く予定でいます。

 

3.ルートはあくまで目安です。ルート変更も旅の醍醐味

 

僕たちはかなり細かくルートや滞在期間を決めましたが、あくまでも目安でとしか捉えていません。

旅の途中で他の旅人からおすすめされて行きたい国が追加されることもあるでしょう。

居心地が良すぎて長く滞在してしまうこともあるでしょう。

はたまた全然肌に合わなくて、足早に去ってしまう国もあるかもしれません。

旅のルートが変わり、その中で新しい発見がある。これも旅の醍醐味の一つです。

 

ただし、参考程度でもルートを決めておくことで、旅の期間の目安がわかる。費用の予算を組みやすい。日本に残してきた家族が安心する。などメリットも多いです。

世界一周を予定している人はぜひこの記事を参考に、納得できるルートづくりをしてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です