【タイ④:バンコク】呪文みたいな名前の絶景夜市!タラ―トロットファイラチャダーナイトマーケット




こんにちは、ハルナです。

 

リアルタイムではアメリカ西海岸でのグランドサークル・キャンプ旅を終え、中米・グアテマラへやってきています。宿の窓からの景色が火山!

どんどんリアルタイムとの時差が開いていくよー!!(泣)

 

ふたつの楽しみがあるナイトマーケット 

バンコクで予防接種の合間を縫って、観光をしている凸凹コンビ。

今日はインスタの映えスポットで有名な、「タラ―トロットファイ・ラチャダー・マーケット」へ行ってきました。

ちなみにこの長―――い名前ですが、タイ語でタラ―トは「市場」、ロットファイは「鉄道」を意味します。

かつては国鉄の車庫にあったマーケットを解体して二か所に分けて移転したうちのひとつがこの「タラ―トロットファイ・ラチャダー・マーケット」なんだそう。

「ラチャダー」はマーケットのある通りの名前で、もうひとつは「シーナカリン」というエリアにあるそう。

そしてこのマーケットは、マーケット自体を楽しむだけでなく、マーケットを上から俯瞰して眺める景色がインスタで紹介され、有名になっています!

一粒で二度おいしい!

ではさっそく、マーケットに入る前に、まずはインスタ映えの絶景スポットへ行ってみましょう。

 

マーケット&絶景スポットへのアクセス

タラ―トロット・ラチャダー・ナイトマーケットは、地下鉄MRTのタイカルチャーセンター駅を出てすぐのエスプラネードというショッピングセンターの裏手にあります。

 

絶景スポットは、このエスプラネードの立体駐車場。建物の中に入って4階まで上がります。

※他のサイトやブログでは4階からの景色がよく紹介されているけど、個人的には3階からの眺めの方も、臨場感があってオススメ。駐車場内の階段で上り下りできるので、ぜひ3階にも行ってみて下さい。

ゲームセンターや映画館のある館内から立体駐車場に入り、駐車場の端へ進むと・・・

目に飛び込んでくるのは、どでかい、極彩色の、光の集合体。

宝石箱みたい。

 

色とりどりのテントがびっしりと並んで、よく見ると、その間を沢山のちいさな人達が右へ、左へ、うようよと、流れるように動いてる。

 

極彩色の夜景もさることながら、この光の洪水のひとつひとつが屋台で、これからあの中に行くかと思うと、ワクワクする!

日本ではめったに撮ることのなかったツーショットなんぞを撮り、ほどよくボルテージも上がったところで、さあナイトマーケットへ足を踏み入れましょう!!

 

いざ、ナイトマーケットへ!(①フードエリア)

エスプラネードを駅から反対側の入り口から出ると、すぐ目の前がナイトマーケットの入り口になっています。

マーケットは大きく、入り口近くの土産物エリア、進んで手前のFood&Barエリア、奥の雑貨・ファッションエリアの3つに分かれています。

 

土産物には興味がない二人。

まっすぐ食べ物のエリアへ進みます。

海鮮系のグリル屋台から、揚げ物、スイーツまで。

 

中にはこんな変わり種も。

 

タイの人達はサーモン好きらしい。至る所でサーモン寿司や刺身。

 

そういえばタイって「昆虫食」で有名な国でしたね。

さすがにサソリは観光客向けの「度胸試し」な感じがあるけども。※閲覧注意↓

 

 

 

 

 

我々はというと、まんまとチージーポテト(チーズソースかけフライドポテト)に捕まってしまいました。食べずにはおれない、屋台ポテト。

 

それからイカの卵をさっと炒めたやつ(右端にちょっと写ってる白いの)。ビール欲しい。

 

からの、豚串。ビール欲しくなるやつばっかり。

 

マレーシアでは朝食だった「ロティ」も、場所が変わればスイーツに。

タイの屋台ではクレープみたいな感覚で色んな具材のロティが食べられます。

ヌッテーラ(ヘーゼルナッツのチョコレートクリーム)とバナナの組み合わせで注文。

手際よく折りたたんで、完成。

(この後ヌッテーラのかけ忘れにお姉さん気付く)

 

ナイトマーケットへ(②雑貨・ファッションエリア)

ほどよく小腹も満たしたところで、雑貨・ファッションエリアへ。

ここ、タラ―トロット・ラチャダー・マーケットはタイ国内の若者向けに作られているだけあって、売られている雑貨や服も、これまでの夜市より断然おしゃれ。

 

 

そして、圧倒的な安さ。

トップス1枚300円くらいから買えちゃう。

 

好きなパーツを選んで自分でオリジナルサンダルを作れる店も。

壁にかかるカラフルなパーツ達が乙女のクラフト心をくすぐる。

 

同じクオリティのサンダルをショップで買うより何分の一も安い。

 

おしゃれブリーフ屋さん。でもなぜブリーフ。

 

そういえば、タイはホーローも有名。

 

嫁はこの夜市でトップスを一枚購入。店の写真を忘れたけど、確か「Sorry I’m gay.」って店名だった気がする。

お気に入りすぎて、この後の東南アジア旅では3日に1回くらいの頻度で着用。

 

端から端までお店を見てないにも関わらず、トータルで3時間くらい滞在したかな?非常に満足しました!(そりゃ服買ったお前はな)

 

色々目移りしちゃうので、時間とお財布に余裕をもって訪れることをオススメします!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログ村に参加しています↓ 下のリンクをクリックして頂けるとブログ村ランキングが上がります。1日1クリックでdeco-bocoを応援お願いします。小躍りして喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です